So-net無料ブログ作成

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち 』──Time is life(堀江貴文『時間革命』より)(★★★★★) [映画レビュー]

『ハミングバード・プロジェクト 0.001秒の男たち 』(キム・グエン監督、2018年、原題『THE HUMMINGBIRD PROJECT』)
 Facebookの創始者、マーク・ザッカーバーグを描いた『ソーシャルネット・ワーク』で、ザッカーバーグその人を演じて、GAFA時代の感性と知性を体現し、かつ、ザッカーバーグより「きれい」(笑)な、ジェシー・アイゼンバーグは注目せざるを得ない俳優である。彼は、小柄で、線も細いが、なにか21世紀的な根性を表現できる。その彼が、彼とは対照的な、筋骨隆々で大柄な美丈夫(だったんですけど(笑))、ターザン俳優の、アレキサンダー・スカルスガルド(「ツルッパゲ」は、自かどうか(笑)。その「光り方」が妙にリアルであったが(笑))とコンビを組み、同じロシア移民のユダヤ人、従兄弟同士として、NY証券取引所の金融界に挑戦した。かつては、ここでは、マイケル・ダグラスが、紙幣の雨のなか踊り狂っていた(爆)。実際、私は現地へ行ってみたが、NY証券取引所のある「ウォール街」は、思ったより狭い場所だった。近くには、9.11事件の貿易センタービルもあった。埠頭に近い、アメリカを象徴する場所である。その場所から、アイゼンバーグ扮するヴィンセントが、光回線を敷設しようとする、データセンターは、1600キロ先のド田舎(?)のカンザス州にある。それが実現すれば、株の売買が0.001秒短縮され、年間500億円の利益が見込まれる──。
 当然、「出資者」がおり、その回線敷設に必要な土地が買収される。「道中」も大変ながら、ヴィセント自身、胃がんであることが発覚する。すぐにでも治療を開始しなければ、生存率も低くなる──。そんな苦難のなか、「敵」役の、プログラマーのスカルスガルドが元いた会社の上司、サルマ・ハエクが、さらなる試練をけしかける。土地買収も、農家の地主のがんこさでうまくいかない──。
 結局のところ、計画は挫折し、ヴィンセントは、生とは何かに目覚める。そういう物語を、地味な、荒地、コンピュータや周辺機器、自然が降らせる雨や雪、光、などで見せる。語りにくいものを、アイゼンバーグの肉体と演技が体現する。音楽もさりげなく洗練されている。



nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。