So-net無料ブログ作成

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ 』──超ハードボイルド(★★★★★) [映画レビュー]

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』 (ステファノ・ソッリマ監督、2018年、原題『SICARIO: DAY OF THE SOLDADO』)

 

 前作で、ある意味正義の視点を持っていた、エミリー・ブラントが抜けて、むんむん男臭さ丸出しの二人のオッサンが残り、センチメンタルという批評家氏の言葉はまったくあてはまらない、超ハードボイルド的状況を描いている。

 ジャック・ニコルスンの『ボーダーライン』から、何かと問題の温床である、アメリカとメキシコとの国境界隈であるが、CIA特別捜査官が政府高官の質問に答えて曰わく、「二十年前なら麻薬が運び込まれてました。今は人を運んでいます」。つまり、その人の中に、まともには、合衆国に入国できない、イエメンからのテロリストが含まれている。今回は、彼らが引き起こしたテロ事件が発端となり、テロに屈しないアメリカを示すため、CIA部員らが動員される。彼らは命令とあれば、平然と人を殺す。そうやって、作戦の収拾をつける。今回の作戦は、麻薬カルテル王の娘を誘拐し、メキシコに内戦を引き起こすことにあったが、この作戦は失敗する。ここがリアルなのである。その失敗及び、作戦の存在を隠すため、CIAの上層部は、わざと誘拐した麻薬王の娘の少女を含めて、皆殺しにしようというのである。しかし、このオペレーションに初めから携わった、CIA捜査官、ジョシュ・ブローリンが個人的に雇った、暗殺者(もとは、判事だったかなんかだったが、家族を麻薬王一味に殺され、復讐を胸に秘めている)、アレハンドロ(ベニチオ・デル・トロ)が、少女を連れて彷徨するうち、人情なようなものに目覚め、というより、最初から失っていないのであるが、それは、冷徹なブローリンも同様である。

 この抗争劇には、国境付近に住む少年たちがチンピラ、のちに、シカリオ(原題でもある)=暗殺者に「昇格」する、も絡んでくる。デル・トロは、そういう手下グループに正体をつかまれ、年長者に命令された、暗殺者を目指す少年に銃殺される──。しかして、その銃殺は、完全ではなかった。頭巾を被らされたデル・トロの頭部は無事で、頬あたりに弾は貫通していた──。おそらく、デル・トロが瞬間的に動いて、頭部を避けたのだろう。数時間のちか、半日のち、トロは体を動かし始める──。

 たかが国境だが、そのなかには、世界の問題がすべて含まれている。それを本作は、超ハードボイルドとして描いている。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

【詩】「きみはきっと来ない」 [詩]

「きみはきっと来ない」

 

ひとりきりのクリスマスイヴ、うーがーあああ。

小西甚一センセイによれば、俳句というのは、基準がないので、歴史的にみていくほかないという。それぞれのお家元は、勝手な基準でやっているわけである。

 

 日東の李白が坊に月を見て  重五(名残表十一)

  巾に木槿をはさむ琵琶打  荷兮(名残表十二)

 うしの跡とぶらふ草の夕ぐれに  芭蕉(名残裏一)

  箕に鮗(このしろ)の魚をいたゞき 社国(名残裏二)

 わがいのりあけがたの星孕むべく  荷兮(名残裏三)

 

中国の詩人などの故事、弘法大師の母親の、聖母マリアをも彷彿とさせる赤子祈願などを、ほのめかせているわけだが、2018年のカルロス・ゴーンはもとより、日産リーフ、トヨタはなんだろ? 大谷翔平も藤井ソータも、まったくわからないのである。牛のお墓といわれても。牛こそ、墓なんか想像だにされたことないでしょう。たいてい、食われているわけですから。

荒井由実は十二月に遅く起きて、ぼんやり曇る窓から見ているわけです。そこに元カレの通るわけもなく、もうすぐ来るクリスマス。

思い出の日には、また会おうと言った、もう会えないくせに。必ず今夜なら言えそうな気がして、うー、がーあああ……きっと雪へと変わるだろう。それにしても、「くちなしの花」をカバーしている舟木一夫のうまいこと、そして、「昔の名前で出ています」をカバーしている新沼謙治のうまいこと。都はるみのカバーする「思い出酒」ですら、ご本家よりうまいんです。ご本家よりうまく歌える自信がなければ、カバーなどするべきではないんです。プロはね。

「イルカにのった少年」、城みちる。これだけはご本人です。誰がカバーしますか? 「いるかにのった少年」なんか。でも、なんで、少年が、いるかに乗ってやって来るのかは、まったくわからない歌詞なんですが。きみに! きみに! きみに! 会うため〜やあ〜ってく〜る〜♪ だそうです。

 

収拾つかない人間の生の、泥まみれの闇。雨が雪に変わると、なぜ、いいことあると思えたのか? ただの気象の変化に。そう、きみは、きっと来ない。永久に、ひとりぼっちの、クリスマスイブ。弘法大師の母は、頭に盥を載せ、高下駄をはいて屋根にのぼり、天に向かって、子どもを授けてください!と祈り、大師を生んだそうです。あーめん。

 

raku181129_1.jpg


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

【詩】「ラストダンスはぼくと」 [詩]

「ラストダンスはぼくと」

 

コーチャン、越路吹雪が歌っていた『ラストダンスは私と』。あなたのすきな人と踊ってらしていいわ、であるが、あれは欧米では男の歌で、ブルース・ウィリスやマイケル・ブーブレが歌うのは、『Save the Last Dance for me』で、ベイビー、きみを賛美する男どもと踊ってきていいよ、そのほほえみも、やつらにめぐんでやりナ、だけど、きみを送っていくのはぼくだってこと忘れないで。恋はスパークリングワインみたいに心を躍らせる……とかなんとか。当然歌詞は男言葉である。それが、日本だと、とくに演歌などは、中条きよしとか平気で女言葉で歌を歌う。欧米から見たら、オカマに見えやしないか?……などと考えていると、初折裏八句め、

 

 霧にふね引人はちんばか   野水

 

ち、ちんばって……あわわわ……俳言です。

 

名残表五句め、

 

 笠ぬぎて無理にもぬるゝ北時雨

 

そのココロは、「時雨の詩人、宗祇にちなんで、チョイ濡れてみようかな」。恋は、北時雨みたいに、心を踊らせる、だから、ぼくが

ここに待っていることは忘れないで、おー、ベイビー、ぼくがどんなにきみに夢中か、きみにわかるだろうか?

ぬあんてね。いったい、はせをは、

なにを考えていたのかな?

 

おー、ベイビー、ぼくがどんなにきみに夢中か、きみにわかるだろうか?

 

raku180613_3.jpg

 


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

おひとりさま「ボージョレ・ナイト」ディナー [料理]

おひとりさま「ボージョレ・ナイト」ディナー。

豚バラと白菜の煮物、いくらご飯(となりに、大根のビネグレットサラダ(若山曜子センセイレシピ))、プロシュート、梨、北海道産ブルーチーズ。

beau1811.jpg




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』──007のあとはシニアにおまかせ(★★★★) [映画レビュー]

『ジョニー・イングリッシュ アナログの逆襲』( デヴィッド・カー監督、2018年、原題『JOHNNY ENGLISH STRIKES AGAIN』)

 

 サイバー攻撃によって英国情報部の機密が漏れ、現役のスパイの「面」が割れてしまった。集められた引退スパイはジッサマばかり。そのなかで、まあ、若い方の、ローワン・アトキンソン扮する、ジョニー・イングリッシュ。ハイテクには弱い。小学校の教師をしながら、将来有望なスパイになりそうな子を、育てている──。そんな彼に英国政府から指令があって、サイバー攻撃の犯人捜しに乗り出す。「資材」などスパイの必需品を提供してくれる、調達部の若者といい、上司といい、「状況」は、ジェームズ・ボンドそっくり。しかし、ロシア・スパイの美女は出ても、ラブシーンはなし。IT長者に、世界の首脳がしてやられる筋書きは、けっこう本気。ブレイク・エドワーズの、「ピンクパンサー」を思わせるが、あれほど失敗続きではない。「間抜けヅラ」は、アトキンソンの方が勝ってるが、見かけによらず長身で、ダンスもアクションもさまになる。事件解決のあとは、また小学校に戻って、スパイ教育。なかなか健全なオッサンと見た。みんなバカにしたり、大笑いしていたが、案外、マジで「007」の跡目を行くのではないか? なんかそんな時代になりつつあるような……。ロシアの女スパイに、オレガ・キュレンコ、英国首相に、エマ・ワトソン。けっこー、本気度が窺われる。



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

『ブレイン・ゲーム』──いい人になりたかったレクター博士(★★★) [映画レビュー]

『ブレイン・ゲーム』( アフォンソ・ポヤルト監督、2015年、原題『SOLACE』)

 

 3年前の映画である。したがって、アンソニー・ホプキンスは「まだ」七十代。レクター博士は、よほど「いい人」になりたかったとみえて、本作を制作までしている。あの、前代未聞、猟奇殺人の犯人が、べつの連続殺人事件に協力する、『羊たちの沈黙』で、狂気と残虐のキャラが決まってしまったホプキンス。以後、どの映画に出ても、「そういう雰囲気」(笑)を漂わせたイメージがつきまとう。たしか、「Sir」の称号も得ているはずなのに。で、本作のような、レクター博士のように、医者でFBI捜査に協力していて、しかも予知能力があるという役柄で、しかも、レクター博士のようにワルではなく、心優しい善意の人という役で、「終わりたかった」のか?

 題名は、「慰め」だったかな、いずれキリスト教と関係がある。連続殺人犯はなんのために殺人を犯すか? それは、将来病気で苦しむことがわかっている人々を、瞬時に「殺してあげている」のである。犯人も予知能力があり、ホプキンスは、自分より犯人の方が能力が上であることも知る。さて、この二人の、予知合戦であるが、なんのことはない、やっと姿を現す犯人は、コリン・ファレルで、殺人を犯す理由を述べるが、なんともしっくりいかない。

 

 刑事物やミステリーに「予知」なる設定を持ち出したが最後、収拾はつかなくなる。それに手を出してしまった映画で、これをうまく操るには、相当の能力がいる。本作は、題名からいっても、べつにミステリーであると言い切ってはいない。それは日本が勝手に刑事物で売ろうとしただけのように見える。




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

新詩集『定家復元』発売! [Book]

新詩集『定家復元』発売!

写真多数なのに、1500円!

クレジットカードか銀行振込以外の方は、直におメールください。


rukibo@mars.dti.ne.jp



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

『ウンベルト・エーコ 小説の森散策 』──稀有で卓越したネルヴァル論でもある。(★★★★★) [Book]

 『ウンベルト・エーコ 小説の森散策』(ウンベルト・エーコ 著、 和田 忠彦 訳、岩波文庫 2013年2月16日刊)


  奇異な生涯を送った、フランスの作家、ネルヴァルに関して、とくに懇切丁寧に分析、紹介している。実は格好のネルヴァル論であり、入門書である。はかない青春の時間への思いが、論であるにもかかわらず、胸をつく。


 私は本書によってネルヴァルを知り、全集も原書も購入した。


  エーコのベストセラー小説の、『薔薇の名前』とは違った、もっと純文学に味方する論は、大江健三郎の『新しい小説』よりは、ずっと若い作家志望者に役にたつ。


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:

『華氏119』──マイケル・ムーアの革命待望論(★★★★★) [映画レビュー]

『華氏119』(マイケル・ムーア監督、2018年、FAHRENHEIT 11/9))

 

 ドキュメンタリーというのは一見簡単なようで、難しい手法である。それが証拠に、ひとは、フィクションの方に感情移入する。しかし、そのドキュメンタリーを、フィクションのように構成し、感情移入させて見せるスタイルを、マイケル・ムーアは発明した。コピーは、「アポなし突撃取材」。

 「まさか」のトランプ政権誕生以後のアメリカは、本編にあるように、若者の革命を待つ完全左翼の国となった。まずは、国民の半数は、選挙に行かない。ゆえに、選挙結果は、作為したもの勝ちになる。そこを狙ったトランプである。ヒットラーそっくり。これは、どこぞの国のバカが、「ヒットラーの手法を真似ればいい」といった程度のものではない。徹底的にそっくりなのである。ゆえに、アメリカは革命を待つだけの国となり、その革命とは、世界の独裁者が吹聴するような、テロと似たものではない。それは、小学生(!)(←すでにして「革命的」(笑))から大学生までの、政治参加である。本編では、その様子がとことん紹介されている。そして、ムーアは、高校生活動家の「秘密のアジト」にも招待されている。

 本作は、本気の革命待望映画である。

 

 本編にも、ムーア自身の口から出てくる、「(ベトナム戦争時代)アメリカ人であることが恥ずかしい」といった、アメリカの哲学者、スーザン・ソンタグに、ムーアは私淑しているかに見えるが、実は、私の卒論も、ソンタグであった(笑)。






nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

秋の緑 [写真]

甥がくれた、Nikon1 V1で、ベランダからの眺めを撮ってみた。

 

niwa181102_1.jpg
niwa181102_2.jpg

niwa181102_3.jpg








nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感