So-net無料ブログ作成

「夏句三題」 [俳句]

「夏句三題」   


 


   城跡をめぐる茂りやひかりみち


 


                        (季語:茂り)



sigeri2.jpg


   ***


 


          夏草や鴉は二羽で行動す

                  (NYPDの刑事か(笑)



karasu1_1.jpg



   ***


 


        あの映画星付けすぎた夏木立


    (『誰もがそれを知っている』ですけどね〜)

natsuko.jpg





nice!(1)  コメント(0) 

兜太逝き [俳句]

『金子兜太全句集』(昭和五十年、立風書房刊)より

 

(昭和十八年、「名古屋なる牧ひでをの新居を訪う」『生長』(未刊句集)より)

 

  外套や芭蕉に遠くまた近く

 

(昭和四十三年、『踠踠』より)

 

(Ⅲ 竜飛岬にて)

 

  無神の旅あかつき岬をマッチで燃し

 

(昭和十八年、『生長』より)

 

(安東次男征く)

 

  春鴉頭上にドストエフスキーはなし

 

 

*****

 

 

  兜太逝き付箋の意味をはかりかね (山下)



kaneko.jpg

 

 


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

他人の一句@20171202 [俳句]



  買つて来いスパイ小説風邪薬

 


             (丸谷才一「七十句」より)




nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

けふの自由律俳句@20170614 [俳句]

「ランボーのサイン真似たよ太陽がいっぱい」

(自由律俳句、だと)

 

I copy autograph of Rimbaud Plein soreil

(free-style haiku, they say...)




          E_Rimbaud_w.jpg





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

けふの一句@20170401 [俳句]

【けふの一句】


 


旧山廬訪(と)へば大破や辛夷咲く


 


飯田蛇笏(『山廬集』明治参拾九年、十六句のうちの一)


 


****


 


「山廬」は、山にむすんだ庵。蛇笏が住んでいた。辛夷の句は、これ一句だけ。


 


****


 


(こぶしの花はの花びらは6枚、がく片3枚。花の大きさ、6〜10センチ、木の高さ、5〜18メートル。よく似たハクモレンは、花の大きさ、10〜15センチ、木の高さ、10〜15メートル。葉は卵倒形で葉の先が突き出ている)

 

 



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

けふの一句@20161125 [俳句]



 秋深き犬には犬の思ひあり





nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

けふの一句@20151020 [俳句]


 秋深き隣は何をする人ぞ  芭蕉


 秋深し炭鉱離職者てふ昔あり  山下


****


(拙句は、 をり絵(草間かをり)さんの「鰯雲炭鉱からの転校生」という句にインスパイアされて作りました)


2014-11-03 11.54.31.jpg

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

わん太の雛祭り [俳句]

 わん太(♀)のためのお雛さま。


 


    草の戸も住替(すみかは)る代ぞ雛の家     芭蕉


 


    うら店やたんすの上の雛祭     几董


 


    愛犬の息災祈り雛祭  山下

 

 

 


 


 


IMG_2788.jpg

 

 


 


 


 


 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クリスマスの句 [俳句]

影は天(あめ)の下てる姫か月のかほ  いが上野松尾宗房@23しゃい


 


 はせを忌や月雪二百五十年  飯田蛇笏


 


 淀川や聖夜は知らず客死かな  山下


 


 この季語は良句なきかなクリスマス  山下

 

(写真は、2009年12月25日のパリ、マドレーヌ寺院)

 

 

madlaine1.jpg

 

madraine2.jpg

 

madraine3.jpg

 

madraine4.jpg

 

madraine5.jpg

 

 



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

瀧井孝作 [俳句]

 飛騨高山出身の作家、瀧井孝作(1894〜1984)の出発点は俳句である。が、たしか、中学生の時、たまたま、高山で句会があった、河東碧梧桐(1873〜1937)に、飛び入りのような形で出した句を認められ、以後、魚問屋の店員をしながら、十代で「日本俳句」に投稿することになる。

 散文は、大阪で特許事務所の事務員だった十七歳頃、俳誌『層雲』に投稿して荻原井泉水(1884〜1976)に認められる。

 のち、芥川賞選考委員の重鎮となる。創作歴を見れば、ピカソのように早熟、長命の作家である。

 俳句は、昭和五十四年七月刊の、『瀧井孝作全集』(中央公論社)第11巻に、明治四十二年から昭和五十四年まで、70年間ぶん、1479句、収められている。その一句。大正六年(1917年(瀧井、23歳)、ソ連革命の起きた年)、11月の作、『折柴(せっさい。瀧井の俳号)句集』より。

 

 

  性慾かなしく重能の火灰を土にあける 

 

 

  二十一世紀に重能の記憶あり十三夜        山下

 

 

 

 

 

IMG_2351.JPG

 

 


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。